旬の野菜
九州どれみ村や、北海道杉本農園などからの、直送のこだわり野菜です。
野菜の価格は季節により変動いたします。
お値段はご来店の際にご確認、またはお尋ね下さい。
芽もの野菜は春の活動に備えて心身を目覚めさせてくれます。
命である芽生えを食べることで、半分眠っている体を目覚めさせます。
  • 春野菜の数々
    山菜,タケノコ,アスパラガス,ワラビ,フキノトウ,ウド,ゼンマイ,アサツキ,タラの芽
  • 夏野菜の数々
    キュウリ,トマト,、ピーマン,カボチャ
ブラリ野菜は体を冷やしむくみをとり、夏バテを防いでくれます。
夏は生命が一番活動的になる時期ですが、暑さで体調を壊しやすくもあります。
それを調整してくれるのがブラリ野菜です。
  • 「トマトがある家に胃病なし」といったことわざがトマトの栄養価を示している。トマトのビタミンCは夏至に近づくほど多くなり、冬至に近づくほど減少する。
  • 巻きもの野菜は体の中に養分を蓄えて冬に備えます。
    作物自身が越冬するために体を作っていますから、その養分をいただくことで、私達の体の中にも蓄積型養分を作ります。
  • 秋野菜の数々
    キャベツ, ハクサイ,ナスビ
    ナスビの旬は6月〜9月
    一般的な栄養価はそれほど高くないがコリンという成分が夏に衰えた食欲や肝臓機能を高めてくれる。
    • 根もの野菜は貯蔵性が高いのが特徴です。
  • 冬野菜の数々
    ジャガイモ,サツマイモ,コイモ,ダイコン,人参,レンコン,ホウレン草,京菜,壬生菜,ゴボウ
    • 冬の青菜は血液を浄化してくれる作用があります。
    • ジャガイモやサツマイモのようなデンプン野菜のビタミンCは、熱を加えても壊れにくいし、水の中にも溶け出しにくい。そして貯蔵性が高い。
    これが冬の根もの野菜の特徴です。
Copyright(C) attaka-pocket